FC2ブログ

献血(*_*)

こんにちわ管理人CEOです。

今朝は空気が澄んでいて、山がきれいに見えました

20140331165359a41.jpg

昨日、標高が高い所では雪だった様子、稜線は風が強そうに見えます。
雪崩や滑落、事故の無いように祈っております m(__)m

こんな素晴らしい景色に心洗われ、良いことをしたくなりました。
20140331170657526.jpg
気が付けば2年さぼってる(~_~メ)

問診中の検査TCYです。
新婚のため(旅行の渡航歴でNG)献血拒否されていました・・・
201403311653594bd.jpg

管理人は問診突破しHbを
20140331165359f17.jpg

さてバスに向かいます
20140331165359129.jpg

イザ!!!
元DMAT隊員さんに刺してもらいました
17Gです、脱血良好10分ほどで終了
20140331165359310.jpg

少し患者さんの気持ちを味わって

また日々の業務、気を引き締めて

明日から新年度スタート
当院も少し体制が変わります、新しい職員を迎え心機一転頑張りましょう

でわでわ (^o^)丿
スポンサーサイト



DMAT懇親会ヽ(*´∀`)ノ

こんいちにゃ管理人CEOです。

先日、県内DMAT関係者が集まりる機会がありました
昼間は真面目に
「県DMAT研修の反省会」
「来年度県総合防災訓練に県DMATとしてどう関わるか」
など、意見交換会がありました

管理人は・・・
院内の「医療機器等購入検討委員会」が急遽入ってしまい参加できず・・・

間に合ったのは、普段から顔の見える関係作りを大切にしているため外せません
 懇親会 からでした

県内の重鎮DMATイントラはじめ県内の救急医療を支える方々が集まっております

フライトドクターに両脇を抑えられ小さくなる管理人の図(´-ω-`)
少々場違いか???
20140330155242dd6.jpg

この場にフライトドクター4人も((((;゚Д゚))))
まあ、日没後だからok

早くヘリポートどうにかしてよって声が
ヘリから「PCPS準備してっ」って言うよ!! っと
でもって、防災ヘリならPCPS載せて搬送可能だし〜
などなど

20140330155242b61.jpg

当院LogKがこの度移動
病院から離れます・・・
ご挨拶「お世話になりました」m(_ _)m
20140330155242648.jpg

最後は一本締めで
2014033015524252e.jpg

このあと
2次回、3次回、〆ラーメンまで
このくらいの体力がないと
救急医療はできません(´-ω-`)

さて、もうすぐで新しい年度が始まります
当院CE室にも新しい仲間が加わります

戦力アップして新しい年度に望みます

でわでわ m(_ _)m

人工呼吸器セミナーヽ(・∀・)ノ

こんばんわ管理人CEOです。

今日は県臨床工学技士会主催の『人工呼吸器安全対策セミナー』に行って来ました

今年で11回目です、7,8年ぶりの参加・・・

技士会会長挨拶でスタート
会長挨拶0316

さて、講演1です。
日頃DMAT、外傷コース、自衛隊でもお世話になっている
A病院Ns救命士のKさん
Ns、救命士目線でフィジカルアセスメントについて
我々CEは苦手とする所・・・
1代目0316
最後に、JPTECのフレイルチェストの映像を流すあたりがKさんらしい

次はこちらもお世話になっている近所の大学病院DrI
NPPV、特にBiPAP Visionのついて
Ns様向けでしょうか、かなりわかりやすく解説
2代目0316

最後はK立病院の理学療法士さん
排痰のテクニック、直ぐにでもまねしたい
素人にはできないか(´・ω・`)・・・
CE的にはリクルートメントでしょうけど、急性期呼吸リハも凄い
3代目0316

どの講演も勉強になります、CE技士会主催ですが
このセミナーは呼吸療法認定士の更新に必要な点数25点が獲得出来ます。
よって、看護師様が大半を占めています。公演もCE以外の職種が主に

最後は企業ブースで人工呼吸器に触れてみます

コビディエンは840です。
コビディ園0316

ドレーゲルはインフィニティ
ドレーゲル0316

日本光電はC2
光電0316

フィリップスレスピロニクスはV60とかNPPVマスクを
フィリップス0316

他にはフクダ電子がサーボ
大盛況で撮影できず・・・
管理人個人的にサーボiは「始業点検」の「はい」を押してしまうトラブルで
夜中に散々呼ばれて苦労しました(・・;)
改良の要望はしましたが、改良してくれる気はなさそう・・・
当院($・・)))/使えません

最後に一番の目的!!
こいつをいただいて終了です
syuuryousyo0316

6月までにあと20点!!!!!!
大阪の呼吸器学会参戦でなんとか呼吸療法認定士の資格更新を(・・;)

でわでわ  (・・;)〆(._.)メモメモ

透析自動化(^o^)丿

こんばんは管理人CEOです。

当院透析室の主力装置『DCS-100NX』には『D-FAS』ってのが搭載されておりまして(~_~メ)

しばらく、様子を見ていましたが使って見ることにしました

この『D-FAS』とは

簡単に言うと、プライミングから返血まで自動でやってしまう
しかも、生食の代わりに透析液を使っちゃうっていう
最近はやりの機能であります。

4月の診療報酬改定を理由の一つにして始めてみました
1透析あたり約200円の節約

こんな感じになります
2014031519261829d.jpg

スッキリしてます
ご覧のとおり生食ぶら下がっていません

生食の代わりに使う透析液は、on-line HDFで使っているので
装置のここからいただきます

20140315194151ec9.jpg

設定は結構簡単
メーカPASSで入りますがCETuが行います
20140315192618024.jpg
D-FAS あり に

プライミング時の表示は
20140315192618113.jpg
カプラつないで、開始ボタンを押せば
機械が勝手にやってくれます

1列スッキリしました
20140315192618d25.jpg

生食無の図
20140315192618519.jpg

こちらは、以前の生食ありの図
20140315194151ef7.jpg
手前の2台は早まってD-FASでした・・・

手間も省けて、節約にもなります
でも、今まで以上に透析液をキレイに保つ必要あり
我々CE影での仕事が増えていく

今まで以上に透析液清浄化に取り組みます

でわでわ (^o^)丿

トラブル((((;゚Д゚))))

こんばんわ管理人CEOです。

久しぶりに透析でのトラブルの報告

夜中にTELで報告でした
「あっ、ブザー止めといてください〜」でok

はじめは溶解装置DAD
DAD右から0307

電源回路の冷却ファンフィルタの交換時期表示でした
ファンフィルタ交換時期表示0307

DADの右側面オープン
DAD左側面0307

ファンフィルタはコイツ
ファンフィルタこれ0307

外してお掃除します
ボロボロになるまで掃除して使うんです
ファンフィルタだけ0307

運転時間
時間リセット前0307

リセットして作業終了
時間リセット後0307

今日はもう一つ
似たような???
このファンフィルタのお掃除を怠るとでるのか??
そんなトラブル

DCS-100NXのCPUエラー((((;゚Д゚))))
CPUエラー010307

透析開始直後・・・・
アラーム音が鳴り続け、操作不能に

まあ〜
結構焦ります
CPUエラー020307

こうなると、操作できるボタンは電源ボタンのみ

ってことでダメ元の電源on-off
電源onoff

症状の再現はないので、良しとしますか
もう一度CPUエラー出るようなら、透析中止の決断も・・・
っていうか、装置が使えなければ透析できませんΣ(゚д゚lll)

今回は、なんとか無事復旧出来ました

生食が漏れたりして基板にかかった??
静電気かな??
やっぱりファンフィルタの目詰まりで温度上昇

液漏れの確認と、ファンフィルタのお掃除実施します
100NX中身0307

液漏れの痕跡もないので経過観察とします。

今日は電気系トラブルdayでした

4月の診療報酬改定で透析も下がります・・・
対策として、on-line HDFの割合を増やすため
抜けにくい(Albとかが)ヘモダイアフィルタの採用

生食の使用を止めて経費節約
透析液でのプライミング、自動化を積極的にってことで
DCS-100NXでのD-FASの使用を本格化します。

実際はどうなりますか

でわでわ Σ(゚д゚lll)
02 | 2014/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

CEO

Author:CEO
地方の医師不足で苦しむ自治体病院で臨床工学技士をしています。

臨床工学室技士長代理
医療機器安全管理責任者

呼吸療法認定士
透析技術認定士
MDIC
日本DMAT隊員  etc

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
生まれました
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: