FC2ブログ

地震がありました(速報)

こんばんわCEOです。
管理人の地域の少し北で地震がありました(ニュースの通り)
この辺では震度5~6弱

DMAT待機基準、登院基準にも当てはまります

まだ報道も少ないし、被害も拡大するかも・・・

今回はコメントは少なくてすみません、支障のない写真を少しアップして
活動報告に変えさせていただきます

まだ、訓練気分・・・
本部立ち上げ中
IMG_3639.jpg
まだ、災害モードに切り替えるか迷っています

この前噴火もありました。
空振りでもって事で、災害モードへ切り替えました。
新設エリアを立ち上げました、赤エリア
IMG_3641.jpg

DMATも呼びましょう
どしどし到着頼もしい
IMG_3662.jpg

すぐにDMAT活動拠点本部が立ち上がります
IMG_3713.jpg

なんだか本当に患者さんが来るらしい
トリアージポストが騒がしく
IMG_3651.jpg

あっほんとに来ました
IMG_3698.jpg

実際に患者さんきても実感が無い
不思議
IMG_3682.jpg

ワタワタと数十人受け入れ
CEOはやはり本部

気がつくと明るくなってきました
病院駐車場に、何台も救急車が
IMG_3749.jpg

幸い明るくなってから被害の拡大は今のところなし
ミーティング
IMG_3730.jpg

DMATから日赤救護班へと活動を変えて被災地に支援が入ることに決定
お昼には当院災害モードを解除し、通常の日直体制へと切り替えました

ご協力いただいた皆様ありがとうございました。
まだまだ災害は続いております、被災された方々の一日も早い回復と復旧を願っております。
IMG_3858.jpg


それでは、速報でした。
スポンサーサイト



電磁弁不合格

こんにちわCEOです

昨日、今日とDCG-03が朝不機嫌です(^_^メ)
2日続けて自己診断で 「SV8締切検出器開テスト不合格」

昨日は目視で異常なし
再テストも合格だったので経過観察中でした
IMG_3110.jpg

電磁弁は見たところ綺麗、液漏れなどありません
モニタ上電磁弁はonで5V(=開で5V)必要な時に1.9V程度なので???
と、言うわけで今日は再現できたので電磁弁を解体してみます
狙いはコイツ
IMG_3113.jpg

ピンを抜いて外してみましょう
IMG_3128.jpg

特に電磁弁のダイアフラムやバネは綺麗ですが
少し硬いかな??
IMG_3120.jpg

新品はこんな中に包まれております
IMG_3118.jpg

キットで交換なので簡単
新旧並べてみても、見た目に変わりなし
IMG_3125.jpg

作業時間は数分
とりあえず動作確認しok
本当はフルメンテしたいところ・・・
そこまでの時間は無い(@_@;)

またメンテが溜まってしまう

でわでわ ((+_+))

お薬の勉強

こんにちわCEOです。

Dr、Ns向けに薬品メーカさんのMRさんが勉強会をやっているのを見かけます。
CEは機械屋さんとは良くお話するんですが、薬屋さんとはあまり関わりがないかも知れません
それでも透析関係の中外さん、キリンさん、鳥居さんあたりは我々CEにも声をかけてくださります
ありがたいことです

しかーし
貧血やカルシウム、リンの管理など・・・
CEOは苦手な分野
何回勉強会やっても頭に入ってこない

今回は鳥居薬品さんの『リオナ』2回目の勉強会です。

IMG_3067.jpg

難しいですが・・・
リオナ成分である3価鉄はリン結合力が強い
水に溶けやすく飲みやすい
鉄も上がってくる傾向があるため鉄剤の量も減量できると
良いこと尽くめだそうです。

確かに他のリン吸着剤で吐き気などで飲めない患者さんには試してみてもよさげ
IMG_3064.jpg

講義も終わり、窓の外を見ると白いものがどんどん下に降りてきていました。
IMG_3089.jpg

綺麗なので拡大
IMG_3093.jpg
この時期は紅葉と雪山のコントラストが最高です(毎年言ってる)

そろそろタイヤを替えねば

でわでわ(- -)//

CARTです(^o^)丿

こんにちわCEOです。

秋はどこの病院も忙しいらしい、当院も内科はほぼ満床が続いています
10月再スタートの脳外科もあわただしく
CEOも難しい注文で救急外来に呼ばれます

そんな一日
久しぶりに腹水処理のオーダー

CART(Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)=腹水濾過濃縮再静注法を施行。
従来捨ててしまっていた患者さんの腹水、がん細胞や細菌など有害な物質は濾過し余分な水分は除去、濃縮し、必要な蛋白などだけを点滴で体に戻す、自分の腹水なのでアルブミン、血液製剤よりも副作用や感染などのリスクも少なく安全だそうです。何より経済的。適応疾患は内科、外科、婦人科など多岐に渡ります。処理依頼はCEに、採液バッグや穿刺針など一式もって病室に伺いますヽ(・∀・)ノ

先日更新した新品エコーで腹水を確認
IMG_3046.jpg

必要物品を用意
透析用の穿刺針ですが、長めをチョイス
IMG_3050.jpg

穿刺後に流出良好を確認
結構薄めの腹水、血性ではないので今回はヘパリン使いません
IMG_3052.jpg

3L弱採液し
処理開始
IMG_3061.jpg

落差でどう??
って言ったらもうΣ用の回路を開封済み・・・
次回に

Σはほぼ自動なので、隣でハミルトンC3の使い勝手を確認しながら
IMG_3062.jpg
ASVは使いたいけど、Drは換気量で指示出すだろうな~

そうこうしているうちに
処理完了!!
約270mlに濾過濃縮しました。

当院自慢のバーコードを貼り付けて出荷しましょう

患者さんも楽になったとのこと
そういえば、ここ何年も熱発したって聞かないなあ!(^^)!
IMG_3070.jpg

今日も事故なく無事に終わりますように

でわでわ (^_^メ)

個人器NCV-10は?

こんちわCEOす。

毎年秋になると、自治体病院は来年度の予算申請の時期になりまして。
各メーカーさんは「えー、たまたまですね(^_^メ)」なんて言いながら
おすすめの装置をもってきて、「御評価願います~」と
内心「こんな弱小病院での評価は???」と思いながら

メーカさんが必要なら、若手CEの勉強にもなるし

患者さんに影響がない程度に使わせていただいています

今回は
ニプロ『NCV-10』です
「ココを押すと、こうなって、こう!!」と説明開始
116NCV-10説明

以前透析室でも『NCV-1』をデモしました。
Nsからは高評価
「君の元気~は、僕の勇気~さFight!!」
で有名なCMソングが、入っています。
透析完了でずーと聞いたり(@_@;)

今回のNCV-10は水系も改良
116NCV-10前面
相変わらず、電磁弁の多さはエンジニア心をくすぐりますが
電磁弁の向きを斜め//に
メンテナンス性を向上させています

評判が良いETRFも
116NCV-10側面

やっぱり売りは
業界トップを誇る、透析液流量800ml/minでしょうか
116NCV-10画面

熱消毒も、いたるところに
カプラ、オンライン取り口など
116NCV-10減益

画面は変わらないの??
次の装置では不自然なくらい大きなディスプレイだそうです
こうご期待

今回の『NCV-10』病棟での出張透析があれば出番となりそうです
楽しみです (~_~メ)

続呼吸器デモ!(^^)!

こんちわCEOです。

無理を言って、色んな呼吸器を病棟に登場させておりますが
大きなトラブルや苦情もなく概ね順調

前の人工呼吸器機種選定から導入時
CEは夜間呼び出しの嵐にさらされ苦労した思い出が(>_<)

昨日からこいつが臨床デビューを飾っております
114Savina300全体

Drager 『Savina300』です

当院の主力機種はEvita、Savinaといったところ
Dr、Nsも違和感なく普通に使ってくれている様子

表示が見やすくて◎
114Savina300画面

ただ、お試しにとつけてくれた呼吸回路は
当たり前ですが、エバキュア使ってしまうと、水を掃うのが手間なのです((+_+))

ラウンド時にはこんな状態で・・・
抜水、サクションを行うわけです
114Savina300回路水

次に控えてるのはハミルトンC3やbellavistaなど

さて、気が付くと冬がすぐそこ
近所の山々はもうこんなに白かった(@_@;)
相変わらず絶景
癒してくれます
114山白

そろそろ忘年会シーズンだそうで
ただ、12月にDMAT技能維持研修があるんですね~
忙しいそうな年末に備えて準備しなくては

でわでわ (~_~メ)
10 | 2014/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

CEO

Author:CEO
地方の医師不足で苦しむ自治体病院で臨床工学技士をしています。

臨床工学室技士長代理
医療機器安全管理責任者

呼吸療法認定士
透析技術認定士
MDIC
日本DMAT隊員  etc

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
生まれました
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: